名古屋市の訪問入浴で働きだした元看護師の話

名古屋市港区に在住のI.Yさん(32歳)

わたしは子供が小学校に入学したのを機に看護師として再就職しました。

転職までの道のり

当時の私は、妊娠・出産の為、長期間働いた病院を退職し育児に専念していました。
しかし旦那の給料が毎年下がり続けていたことと、子供が小学校入学したため、看護師として復帰しようと考えます。
インターネットで求人サイトにも登録し、看護師の仕事を毎日探しました。
近場で良さそうなのは、中部労災病院や名古屋共立病院、名古屋掖済会病院。
看護師の求人があり、給料や福利厚生が良く、看護師としてはとても良さそうな環境です。
しかし名だたる大病院ゆえに、看護師のブランクがある自分が復帰として選ぶのにはちょっと抵抗がありました・・・。
子供が小学生になったとはいえ学校の行事が多く、先ずは週に1回から始めようと考えましたからです。
そのため総合病院や老人病院など覚える事が沢山ありそうな病院ではなく、仕事が一定の訪問入浴に的を絞り求人を探します。
今は訪問入浴の看護スタッフが人手不足なようで、直ぐに就職できる事になりました。

訪問入浴の仕事

訪問入浴は、病院勤務の看護師とは違う特殊な仕事仕事内容だったので戸惑うことは多々ありました。
でも、病院勤務で人事やコスト、患者様の継続看護など終始頭を悩ませ走り回っていた日々の事を思うと、訪問入浴の仕事は有り難いくらい楽でした。

訪問入浴は、3人一組で利用者様のお宅をまわり、先ず役割分担がシッカリされています。
3人の中に必ず社員が1人付き、あとの2人はパート職員です。
仕事内容も社員がメインで、パートがサポートのような感じです。
わたしは看護師という立場でしたがパートだったため、病院勤務のときの責任重大な仕事に比べて、とても気が楽でした。
訪問入浴は、わたしのようにバリバリ仕事をしようと思っておらず、育児生活が中心の主婦にとって、本当にいい職場だと思います。

ただプライドの高い看護師さんにはオススメできません。
若い社員さんが多いため、自分より年下の人から仕事内容を指示されるからです。
またヘルパーさんからも指示されるので、看護知識や技術に自信のある看護師さんにはキツイかもしれません(笑)

例えば、オムツの当て方、寝衣着脱の仕方、利用者様の移動などうるさいくらいに指導が入ります。
「そんな格好で爪切りをしていたら腰を痛めますよ」っと言われた事があります。
しかし、10年以上看護師として現場を積んできた私は腰を痛めたことがなく、自分の体の置き方は自分で分かってますよと言いたいところですが、「はい、ありがとうございます」と笑顔でかわしました。
看護師の資格を持たないスタッフに指導をされるって、結構プライドが傷つきます。

子育てから復帰する看護師さんへ

ブランクが長かったり子供がまだ小さい場合は、パートがオススメです。
体を慣らしながら徐々に以前の感覚を取り戻せていけるからです。
看護師の求人は、ネットで探せばとてもたくさんあり、引手あまたなので焦って就職しようと考えない方がいいかもしれません。
主婦が働き出すと家の環境も大きく変わるので、子供や旦那にも大きな影響が出ますし。
まずはジックリと働く体と環境に自分も家族も慣れていった方がいいと思いました。